• 〒542-0012
    大阪府大阪市中央区谷町8丁目1-52
    オリーブハイツ谷町1F
  • tel 06-6777-5082
MENU

入れ歯・インプラント

Dentures / Implants入れ歯・インプラント

虫歯などにより失われてしまった部分は、レジンで充填(白い詰め物)する方法が一般的ですが、虫歯が進行して歯の欠けている範囲が大きい場合[インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)]歯が抜けてしまった場合[義歯(入れ歯)、ブリッジ、インプラント]などの補綴物によって補い、見た目と機能を回復する治療を行います。

補綴物の材質や治療方法によって、健康保険が適用になる場合と適用にならない場合があります。詳しい内容は治療時にご説明いたしますので、いつでもご相談ください。

インレー(詰め物)

虫歯の部分を削って除去し、型取りをして、型に合わせたインレーという詰め物を作り、翌来院時に歯科用の接着剤で付けます。中等度からやや大きな虫歯や歯と歯の間にできた虫歯の治療などに比較的多用される治療法になります。
部位や金属、レジン(プラスチック)で作られたもの、セラミック(陶器)で作られたものなど様々な材料によって保険適用とそうでないもの(自費診療)に分かれます。患者様の目的や希望によって材質を選ぶこともできます。

クラウン(被せ物)

クラウン(被せ物)は歯を大きく削った場合にかぶせる修復物で、歯根部を土台として使用できれば、基本的にはどの歯にでも適用できます。歯の周囲を一周削って型を取り、翌来院時にクラウン(被せ物)を歯科用の接着剤で付けます。
クラウン(修復物)には、前歯や奥歯など歯の部位や金属、レジン(プラスチック)で作られたもの、セラミック(陶器)で作られたものなど様々な材質によって保険適用とそうでないもの(自費診療)に分かれます。患者様の目的や希望によって材質を選ぶこともできます。

抜けてしまった歯を補う方法

歯を失った時に行う治療には、患者様のお口の状況やご希望に応じて、インプラント・入れ歯・ブリッジの3の方法があります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、よく理解してご自身に合ったものを選びましょう。わからないことや気になることがあれば、ご相談ください。